Paw-Treatsが生産するすべての製品は、人間の消費に適していないため、子供から遠ざけてください。 21歳未満の人による製品の販売または使用は許可されていません。 Paw-Treats製品は、製品ラベルの説明に従ってのみ使用してください。 Paw-Treats製品は、妊娠中または授乳中の動物には使用しないでください。 Paw-Treatsの製品を使用する前に、特に動物に医学的な問題がある場合や薬物を服用している場合は、専門的な人(獣医、医師、薬剤師またはその他の認定された人および専門家)に相談してください。主に大麻、カンナビノイド、CBD、または他の物質、特にCannabis sativa L属に関する記述は、FDAまたはEFSAによってレビューされていません。したがって、この製品は病気の診断、治療、治療予防を目的としたものではありません。

  • Facebook - Bílý kruh
  • Paw-Treats Instagram

PAW-TREATS GMBH

Froburgstrasse 18
4052 Basel
Switzerland

contact@paw-treats.com

+41 61 511 25 85

© BY PAW-TREATS GMBH 2019

変形性関節症

変形性関節症とは?
変形性関節症(「関節症」)は、最も一般的な関節疾患の一つであり、あらゆる年齢及び品種の動物で発生します。これは病気のプロセスであり、関節の過度の磨耗と裂傷の結果です。このプロセスは軟骨の損傷から始まり、その後に骨、関節包、周囲の軟部組織の変化にも繋がります。変形性関節症は、教科書などによれば非炎症性として分類されていますが、常に軽度の永続的な炎症に関連しています。
原則として、変形性関節症は原発性と続発性の2つの形態に分けられます。原発性変形性関節症は通常高齢期に起こりやすく、その原因のほとんどはまだ分かっていません。一方、続発性変形性関節症は、関節の基礎疾患の結果です。これらには、不均等な負荷分散を引き起こす疾患(例:関節形成異常)、不安定性の原因(例:前十字靭帯の破裂)、炎症の誘発(例:感染症)、または過度の負担(例:過体重)が含まれます。
 
 
 
上記の原因の結果として、主に関節軟骨が損傷します。これは、とりわけ、軟骨片の放出をもたらし、それが滑液の炎症反応をもたらし、したがって悪循環をもたらす可能性があります。その炎症のため、軟骨組織の破壊が起こり、結果として関節軟骨の進行性の破壊があります。しかしながら、変形性関節症は、他の全ての関節構造の変化にも繋がります。新しい骨の突起が形成され、関節包がますます硬化します。こういった変形性関節症による変化は、痛み、関節腫脹、運動性の低下、脚の不自由さの増加に繋がります。
治療的アプローチ
変形性関節症自体は完全に治すことができませんが、病気の進行を止めるか、少なくとも遅くすることができます。続発性変形性関節症の場合、可能であれば原因を治療すべきです。しかしながら多くの場合、その関節の基礎疾患は完全に治癒可能ではなく、たとえ可能であっても、既存の変化は依然として動物の問題を引き起こし続けます。このため、変形性関節症の両方の形態への主な目標の一つは、生活の質を可能な限り高く維持し、対症療法により疾患のさらなる進行を遅らせることです。

いくつかの可能な対症療法

サプリメントを与える
カンナビジオール、グルコサミン、コンドロイチンなどの様々な飼料添加物を与えることで、関節をサポートできます。これら及び他のいくつかの有効成分は、当社の製品Agility+に含まれています。
お薬
病気の重症度によって、異なるお薬を勧めることができます。そのケースに応じて、獣医師が何をどれぐらいの用量与えるかを決める必要があります。
減量
変形性関節症の犬の多くは太り過ぎです。これらの動物は、体重の減少が関節への負担を減らすのに役立ちます。
動きを調整する
スポーツをしたり、ジャンプ、突然の方向転換などの過度の負担は、関節に大きな負担をかけるため避ける必要があります。代わりに、低負荷の運動プログラム(水泳など)を選択しましょう。
理学療法
定期的な受動的および能動的な運動は、運動性を促進し、筋肉を強化することができます。こういった目的のために、よく訓練された動物の理学療法士に相談することをお勧めします。