Paw-Treatsが生産するすべての製品は、人間の消費に適していないため、子供から遠ざけてください。 21歳未満の人による製品の販売または使用は許可されていません。 Paw-Treats製品は、製品ラベルの説明に従ってのみ使用してください。 Paw-Treats製品は、妊娠中または授乳中の動物には使用しないでください。 Paw-Treatsの製品を使用する前に、特に動物に医学的な問題がある場合や薬物を服用している場合は、専門的な人(獣医、医師、薬剤師またはその他の認定された人および専門家)に相談してください。主に大麻、カンナビノイド、CBD、または他の物質、特にCannabis sativa L属に関する記述は、FDAまたはEFSAによってレビューされていません。したがって、この製品は病気の診断、治療、治療予防を目的としたものではありません。

  • Facebook - Bílý kruh
  • Paw-Treats Instagram

PAW-TREATS GMBH

Froburgstrasse 18
4052 Basel
Switzerland

contact@paw-treats.com

+41 61 511 25 85

© BY PAW-TREATS GMBH 2019

花火に対する不安

花火の打ち上げが始まると、いつもは幸せそうな犬が暗いコーナーに逃げ込んだり、不安で必要以上に歩き回ったりします。残念なことに、多くの飼い主の方々にとってこういった状況はあまり珍しくないはずです。大きな音や聞きなれないノイズに不安を抱くことは先天的な保護メカニズムであり、特定の状況下では、不自然な恐怖に変わることがあります。不安に対する反応はそれぞれ大きく異なります。多くの動物は、激しい息切れ、震え、唾液を垂らす、などの身体的症状にあらわれます。くんくん泣いたり、激しい鳴き声や遠吠え、そして異常に攻撃的な行動は不安の兆候を示す別の身体的症状です。一部の動物たちは落ち着きなくさまよったり、他の動物はどこかに隠れたり、飼い主と共に避難しようとしたりもします。これら全ての動物には一つの共通点があり、それは非常に高いストレスを感じているということです。

したがって、多くの飼い主の方々は、「どうすれば自分のワンちゃんを助けてあげることができるだろうか?」と思うのではないでしょうか。

私たちはその質問に対するいくつかのヒントをまとめました。きっと、花火の最中でもあなたのワンちゃんが落ち着きリラックスできるサポートとなるはずです。

サプリメントを与える
世の中には様々な動物用サプリメントがあり、栄養バランスを保ち、気持ちを落ち着かせたりリラックスした状態を維持できるようなものがあります。そのような製品はますます人気が高まっており、しばしばヘンプやカモミールなどの薬用植物が含まれています。私たちがあなたに是非試してほしいのは、Paw-TreatsのRelax+もしくはBalance+という製品です。それらの製品から最適なサポートを得るためには、花火大会の数日前から食べさせてあげるようにしましょう。もしあなたのワンちゃんが普段から不安を感じやすい体質なら、通常よりもう少し長い期間食べさせてあげてください。
 サンダーシャツ
さらなるオプションとして、いわゆる”サンダーシャツ”を使用することです。これらは、激しい雷雨を怖がる犬のために開発されました。 ただし、他の多くのストレスがかかる状況下でも使用できます。サンダーシャツは動物の胴体に軽く穏やかな圧力をかけます。これにより一部の犬はリラクゼーションが促進されます。重要な点としては、犬が不安を感じた最初の兆候が出る前に、サンダーシャツを着せてあげる事です。
事前に運動をする
花火が始まる前に、いつもより長くて面白みのある散歩をすることをお勧めします。エネルギーをたくさん使って疲れた犬は、ストレスの多い状況をいつもよりリラックスして過ごすことができます。ただし、散歩中もリーシュに繋いでおくことは重要です。残念なことに、花火が予定より早く打ち上がってしまい、リーシュに繋がれてなかった犬たちがパニックになって逃げ出した例も少なくないからです。
目を離さない
花火大会中は、不安がっている動物から目を離さないようにすることが重要です。そういった瞬間は特に犬たちは人間を必要としますし、一緒にいてあげることで安心感を与えることができます。さらに、花火から離れた場所にいるか自宅にいる必要があります。多くの犬は、慣れていない場所よりも自分の家の身近な環境の方が安全に感じるからです。あなたの友人がご自宅に訪ねに来ることは、一部の犬には新たなストレスとなる可能性もありますが、他のほとんどの犬にとっては良い意味で気晴らしともなります。
気分転換させてあげる
一部の犬は、彼らのお気に入りのアクティビティをすることで、大きなノイズから簡単に気をそらせることができます。骨を噛むことやおもちゃを追いかけることで、リラックスできる動物がいます。訓練してきたトリックをする時や、お家の中にあるおやつを探している時が落ち着くという動物もいます。重要なことは、気分転換させてあげること、そしてそれを強制的にしてはいけないということです。
安全な場所を確保してあげる
可能であれば、全てのドア、窓そしてブラインドを閉めてあげてください。これは、少なくともノイズを少し減らし、眩しい光からの刺激を防ぐことができます。一部の不安な犬は、狭くて暗い自分の隠れ家に逃げ込むことも好きです。そういった動物には、何日か前にあらかじめ彼らの隠れ家に箱などを用意してあげるのも良いでしょう。落ち着ける居心地の良い場所であるべきですが、何よりノイズを抑えます。
落ち着きリラックスする
重要なことは私たち自身が落ち着き、リラックスすることです。多くの場合、飼い主が神経質や不安な時は犬も同じように感じます。一部の犬は、ストレスがかかる状況下では身体的な接触を求めます。もしこれが当てはまるなら、あまりやり過ぎない程度に心地よくさせてあげてください。出来るだけいつも通りに振る舞い、ゆっくりと犬を撫でたりマッサージしてあげてください。